船舶の出港前準備

最近の投稿

①航海計画を立てましょう!

a その場所によって地形や水深

障害物などが 違います。

海は皆さんのものです。

漁船の方が仕事をされている場所でもあります。

出港する前は必ず調べておきましょう!

b  船の性能や自分の操船技術なとを考え

無理のない計画を立てましょう!

c  燃料は予備を含めて十分な量を準備すること



②気象情報を必ず入手しましょう!

海は気象によって大きく変化します。

また、内海で波が1mであっても

外海に行くと3mだったりします。

 

朝、波が静かだったけど、昼からは風が強くなり

波が高くなる事もよくある話です。

その日の情報を入手しておいて

早めの対応をしましょう!

 

③連絡網や連絡手段を確保しておきましょう!

マリーナや、家族など関係者には航海計画

帰港予定時間などを知らせておきましょう!

大きな船の場合は無線機を積んでいられる方も

おられますが、小さい船の場合連絡手段は

携帯電話が多いので携帯電話は

濡れないようにしておくことが大切です。

 

水に浮く防水パックが市販されているので

用意しておくことをお勧めします。


スポンサー広告
 

④出発前点検のを行う事

出来れば出発前日が良いかもしれません。

常時、船を動かしている場合は良いですが

久しぶりに船を動かす時、バッテリーが上がって

始動しなかったなんてよくある話です。

マリーナによっては始動点検をやってくれる所も

ありますので尋ねてみて下さい!

 

それ以外の所では自分で確認しておいた方が

良いと思います。折角の楽しみが・・・

と言う事にならないように点検しておきましょう!

その他は必要搭載物品の確認

 

a 船舶免許・船舶検査証書・船舶検査手帳などの

法定書類の確認

b 救命浮環・ライフジャケットなどの法定備品

船体の点検

航海計器の点検や船灯の点検

ハンドルの確認(左右に動くか)

燃料残の確認

エンジンオイルの量、質、粘土の点検

バッテリーの液量や電圧

クラッチレバーの作動

異常音がないか確認

その他各所の締め付けの緩み具合など

始業点検はハッキリ言って面倒だ!と

思われがちですがこれがやっているか

やっていないかでトラブルになる事が

極めて少なくなります。



 
スポンサー広告
 

車も場合はトラブルになった時、

道路の脇に止めて救助を待つことが出来ますが、

海では船が流されてしまします。

その時は流されないようにアンカーを

打ち法定備品でもある黒球を2つ揚げて下さい!

そして救助が来るのも待ちます。

 

ちなみに黒球の意味をお忘れの方も多いかもしれません

●  黒球1個 アンカーを打っている時

●●  黒球2個 航行不能な時

●●● 黒球3個 座礁した時

という意味があります。

 

準備をしておくことがトラブルを

防ぐ事にもなります

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

スポンサー広告



コメントを残す