サルが温泉に入る地獄谷温泉

最近の投稿

テレビでも何度か出てきた有名なサルが

温泉に入る姿見た事がありますか?

それは長野県にある地獄谷温泉なのです。

温泉は日本人なら誰でも好きですが

サルも温泉が好きなんですね!

 

サルの生態

サルは本当に賢い動物です。

人間と同じように五本の指で

物をつかむことも出来ますし

訓練で人間の言葉も

理解できるようになります。

 

私が実際に見た野生のサルで

フェンスの上に団体で並んでいたのです。

それを見つけた犬が吠えると

最初は逃げていたのですが

危険がない事を知ると

犬が吠えても逃げる事が無くなりました。

 



 

フェンスの上にいると犬は来れないので

フェンスの上を利用して移動してきます。

そして柿の実を狙って飛び回り

美味しそうに食べていました。

 

テレビで見た人もいると思いますが

計算が出来るチンパンジーの

アイちゃんは有名ですよね!

 

複雑な計算は出来ませんが

足し算引き算位なら計算もできるようです。

それだけ頭も良いと言う事になりますね!

 
スポンサー広告
 

野生の猿への注意事項

山里の民家近くで野生の猿を

見る事もあると思います。

元々山奥にいるサルなのですが

最近は食べ物が少なくなってきているので

人がいる街中でも見かける事があるようです

 

注意事項として
  • むやみに近寄らない事
  • 目を合わせない事
  • 大きな声を出したり、驚かせない事
  • 絶対に餌を与えない事
 

不用意に近づくと襲ってくる場合が

あるので注意が必要です。

サルと目を合わせない事とよく聞きますが

これは威嚇されていると思って

襲ってくることがあります。

 

人から餌がもらえると知ってしまうと

居付いてしまう可能性があるので

餌などは与えないようにして下さいね!

 

テレビなどの影響でお猿さんは

可愛いと思ってしまいますが

あくまでも人に慣れているお猿なので

可愛いのですが

野生のサルは注意が必要です。

 

サルは温泉に入るのか!

元々サルが温泉などに入る

習性などはありません。

たまたま、寒さしのぎで温泉に入った

サルがいてそれを見た他のサルも真似を

するようになったようです。

 

テレビの影響でサルも温泉に入る

イメージがありますが

サルが温泉に入るのは本当に珍しい事で

長野県の地獄谷温泉だけのようです。

 

地獄谷温泉でも本当に雪が降るような

寒い日でなければ

温泉に入っている姿を見る事が出来ません

その姿を見たさに多くの観光客の方が

訪れています。

外国の方も多く訪れています。

 

サルが温泉に入る姿を見る為には

寒い日でなければ見る事が出来ないので

その日の気温などを確認しながら

見学に行ってくださいね!

 



 

温泉に入るかどうかはサル次第

と言う事なので

タイミングが良ければ無る事が出来ますが

タイミングが悪いと見る事が出来ないので

そのつもりで出かけた方が良いと思います。

 
スポンサー広告
 

地獄谷温泉へのアクセス

車で行く場合は信州中野インターで降ります

国道292号線を上林温泉を目指して走ると

上林温泉に地獄谷温泉の専用無料駐車場が

ありますから

駐車場に車を止めてあとは徒歩になります。

 

徒歩で約30~40分位かかりますので

靴などは歩きやすき靴で出かけましょう!

 

温泉に入っているサルを見たい時は

雪が降っているような寒い日なので

防寒対策をして寒くないような

格好で出かけて下さいね!

 

徒歩の道のりは段差があったりする

山道なので雪の日は滑りやすくなっています

十分に注意して下さい!

 

車も冬用のタイヤのスタッドレスタイヤに

履き替えるなどして

万全に準備して走行して下さい!

チェーンだけを用意すれば大丈夫だろうと

思いの方は気を付けた方が良いと思います。

 

スタッドレスタイヤにチェーンは完璧ですが

夏用タイヤにチェーンだけでは危ないです。

チェーンは駆動するタイヤに装着しますが

駆動しないタイヤはノーマルなので

滑りやすいです。

最低限でもスタッドレスタイヤに

履き替える事をお勧めします。

 

最後に・・・

サルの温泉に入る姿を見たいと

多くの観光客の方が訪れています。

冬に行く場合は足場が悪くなったりします。

 

特に雪が解けた後は泥水が跳ねる事も

ありますから着替えなどは準備して

行かれた方が良いと思います。

 

十分に気を付けて行って下さいね!

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す