字が上手くなるコツ

最近の投稿

 

今はパソコンが普及し字を手書きする事が

少なくなってきましたが

字が上手だと得をします。

 

例えば会社の面接などで提出する

履歴書などを書く時は必ず手書きです。

履歴書ではその人の経歴などを見ますが

綺麗な字で書かれていると

良い印象を与えます。

 

面接官からすると字が上手な人と

下手な人どちらを採用すると思いますか?

 

字はいきなり綺麗に

書ける人は人はいません。

毎日コツコツと練習しているから

字も上手になって行くのです。

 

字が上手くなけない人はコツコツ練習を

していないと見られる可能性があります。

つまり、努力を怠っている人と

見られるかもしれません。

 

字が上手な人の過去

字が上手な人に話を聞いてみると

子供の頃に「習字」を習っていた

と言う人が圧倒的に多いです。

これは筆の使い方、手の動かし方を

体に覚えさせる練習になるからです。

 

今はボールペンや鉛筆などがありますが

お爺ちゃんお婆ちゃんが小さい頃は

ボールペンとがが無く墨と筆を

使って文字を書いていました。

だから昔の人は本当に字が上手です。

 
スポンサー広告
 

字が上手くなるコツ

字が綺麗になる為には

練習しかありません。

毎日でもコツコツと字を書いていく事です。

 

それも丁寧にゆっくりと書いていくと

綺麗な字が書けるようになります。

いつでも人に見せるような字を

書くことが上手くなるコツです。

 

好きな人に手紙を書く時って

丁寧に書きますよね!

今は手紙を書くことは無いと思いますが

そんな気持ちでいつも書いていると

本当に上手になってきます。

 

文章はバランスのとれた文字にすると

見やすくなります。

漢字は大きく、ひらがなは少し小さく書くと

バランスが取れて見栄えが良くなります。

 

子供の時が上手くなるポイント

やはり、字が上手くなるかどうかは

字に癖がついていない

子供の頃がポイントだと思います。

 

子供の時にいかに綺麗に

書いているかによって

ある程度決まってきます。

子供に時に習字を習う事も

一つの方法でしょう!



大人になってからは自分の癖字が

出来上がっているので

長年書いてきた時は修正しにくいです。

 

現在はパソコンなどで文字が打てるので

字を書くことが少なくなってきています。

だからこそ!子供の時に字の練習を

するのが上手くなるポイントです。

 
スポンサー広告
 

見本を参考にすれば上手になる

字が上手になる為には見本を

参考にするのが一番いいでしょう!

こんな字を書きたいと見本があれば

真似をして書いていくと上手になります。

 

親の方が字が上手な人の所の子供は

意外と上手な字を書きます。

これは親の字を見て育っているから

自然と見本になっているのですね!

 

私の場合は恥ずかしい話ながら

昔好きだった人が非常に字が上手で

私の理想とする字を書いていました。

こんな字を書きたいと思いそれから

真似をするようになりました。

 

これはいまだに思っている事で

私の見本になっています。

 

日記を書く事が一番の練習

日記を書いている人もいるかと思いますが

この日記を書くことは一番の練習になります

字が上手になる事と同時に

文章の書き方も上手になってきます。

 

これは自分の財産のなりますので

日記は書いた方が良いでしょう!

今はパソコンなどでも日記は書けますが

あえて手書きでノートに書く事が重要です。

 

文章を書く事は生きている限り続きます。

会社に入ってからも文章は書きますし

色々な所に必要になります。



今私が書いているこのブログも文章です。

手書きでは無いですが

何歳になっても文章は必要です。

相手に伝えたい事もすべて

文章でなければ伝わりません。

 

その基本を学べるのが日記だと思います。

手書きで日記を毎日書くようにしたら

字の練習にもなりますし

文章を書く練習にもなります。

 

基本の基本だと思いますから

取り入れでみて下さいね!

 

最後に・・・

何でもそうですが手書きは温かみがあります

年賀状などもパソコンで作れますが

綺麗に字で手書きの年賀状を

もらったら嬉しいですよね!

気持ちがこもっていて温かみがあります。

 

好きな人に自分の気持ちを伝える時

あえて手書きで伝えてみては

如何でしょうか?

それも綺麗な字だと余計に

気持ちも伝わります。

 

綺麗な字を書けることは

得をすると言う事です。

毎日、字を書く事を習慣にして下さいね!

 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す