花の撮影の仕方

最近の投稿

花の撮影の仕方

花は四季を通じで本当に楽しめます。

 

代表的なものと言えば春は桜・夏はひまわり

秋はコスモス・冬と言えば

クリスマスローズとかあります。

 

花を見てると本当に癒されます。

そんな花を綺麗に撮影する方法を

お伝えして行きます。

 

花撮影に必要なもの

  • カメラ
  • 望遠マクロレンズ
  • マクロレンズ
  • 三脚
  • 望遠レンズ
 

☆望遠レンズ

望遠レンズは遠く被写体が小さいから

大きく写すためにも使いますが

花の撮影で使うと花にピントを合わせて

背景をぼかして花だけを強調させたりします

 



 

この水仙は300mmの望遠レンズを使い

花にピントを合わせて背景をぼかすように

撮影してました。

如何でしょうか?


 

このように撮影すると背景が

ごちゃごちゃにならずスッキリとした

感じになります。

また、花の高さに合わせ花目線で

撮影するのがポイントです。

 
スポンサー広告
 

☆マクロレンズ

マクロレンズは花の一部分だけを

撮影するのに使います。

 

例えば花の中心のめしべやおしべを

撮影する時に使うのがマクロレンズですね!

マクロレンズには標準マクロレンズと

望遠マクロレンズがあり

望遠マクロレンズは花に飛んできている

蝶々などは近寄って行くと逃げてしまうので

逃げないような位置で撮影したい時に

使います。


 

☆三脚

三脚は撮影の時の手ブレを

防ぐために使います。

通常は手持ちでも構わないのですが

写真を大きく引き伸ばすとボケた写真に

なるのは手ブレが原因になっています。

これを防ぐために三脚は使った方が

良いですね!

 

花は色々な撮影の仕方があるので

結構奥深いです。

同じ花でも風景を入れて花を撮影したり

花の蜜を集めているミツバチや蝶々

雨上がりの花と水滴

空と花など組み合わせたりして

撮影してみるのも良いですよ!

 

また、逆光を利用して花びらを

撮影したりすると

キラキラ光って綺麗な写真になります。

 

やはり、花を撮影する時は晴れの日が

花の色も鮮やかになるので

撮影には晴れの日が欠かせないですね!

 
スポンサー広告
 

花の種類は世界に20万種くらいあると

言われているので被写体としてのネタは

尽きないと思います。

季節によっても違うし

場所によっても咲いている花が違ってきます

 

沖縄の代表的な花はハイビスカスです。

 



 

ハイビスカスは暖かいところで

咲いていますが

鹿児島でも見かけたことはあります。

寒い所ではハイビスカスは咲かないので

その場所に行かないと見る事が出来ません。

 

その地域にしか咲かない花は沢山あります。

暖かいところ、寒いところによって

見た事が無いような花も沢山あります。

 



 

この写真は沖縄に咲いていた

まるでサンゴ礁のような

サンゴアブラギリと言う花なんですね!

私が沖縄に行った時に見た花ですが

最初見た時は何だこの花は・・・

と言う感じで名前もわかりませんでしたが

花図鑑で調べて名前がわかりました。

 

こんな珍しい花もあるので

散策するのも楽しくなります。

旅行に行くと風景写真は良く撮影しますが

旅行に行った時の花にも注目したら

面白いかもしれませんね!

 

最後に・・・

花を撮影するのは癒しにもなりますが

季節を感じるものでもあります。

同じ花でも撮影の仕方によって

違うように見えるので

挑戦してみて下さいね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す