水中撮影のやり方

最近の投稿

私たちは通常地上でのカメラ撮影が

多いですが海中を撮影してみるのも

面白いかもしれません。

 

水族館に行けは色々な魚やサンゴ礁なども

見れますがやはり、なんと言っても自然を

撮影するのが一番感動します。

 

青い海、色々な魚、サンゴ礁

色々な生き物が存在していますから

折角なら写真にしたいですよね!

 

ダイビングをやっている人は海の魅力に

魅せられて色々な海に潜っています。

あの感動は忘れられないですよね!

 



ダイビングをやっている人だけが

水中撮影をやっているのかな!と思いますが

 

実はダイビングをやらない人でも

撮影出来るのです。

深い海に行かなくても浅瀬でも

色々な生物がいますので

十分に楽しめます。

 

普段撮影しない場所ですから

楽しみも増えますよね!

 

スポンサー広告
 

水中撮影のやり方

水中撮影のやり方ですが

まずは水中で撮影する為の機材を

用意しなければなりません。

 

カメラは水中専用のカメラもあります。

また、現在あなたが持っているカメラを

使用して防水プロテクター(防水ケース)を

準備するか!水中カメラハウジング


これも防水ケースなのですが

シャッタボタンなどがケースの外に

ついているものです。

これらの機材を準備する必要があります。

 

あなたが持っているカメラと言いましたが

すべてのカメラに防水ケースが

準備されている訳ではないので

調べる必要があります。

 

ミラーレス・一眼レフ・デジカメ用と

それぞれに防水ケースが用意されています。

 

それに水深が何メールまで対応とかの

基準がありますので

あったものを用意する必要があります

また、最近ではスマホなどで撮影している人も

多くスマホに対応した防水ケースもありますので

気軽に撮影できるようになりました、


撮影のやり方は

地上とは違って海の中は体が安定しません。

まずは体を安定させることが優先です。

 

安定しないままで撮影すると手ぶれの

原因にもなります。

手ぶれを防ぐためにシャッタスピードを

速くするのも一つの方法ですね!

 



 

そしてもう一つ注意するのが

砂ぼこりを立てないように

静かに被写体に近づいて下さいね!

 

一度砂ぼこりを立ててしまうと

落ち着くまでに随分と時間がかかります。

下手すると何時間もかかってしまう事も

ありますので細心の注意が必要です。

 
スポンサー広告
 

海は深いところに行けば行くほど光が

足らなくなり、暗くなってしまうますので

ストロボなどを使用して撮影します。

 

その時に注意したいのがストロボの

角度ですね!

ストロボがカメラと一体になっているものは

大丈夫なんですが、別にストロボを取り

付けたものは角度の調整もお忘れなく!

 



 

最後に・・・

水中は不思議な世界です。

日頃、目にする事が無い風景を

見る事が出来ます。

水中撮影はまた違った楽しみがありますので

挑戦してみては如何でしょうか?

 

これは海だけではなく川の様子も

撮影してみると楽しくなってきます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す