野球少年を撮影する方法

最近の投稿

あなたの子供さんが野球クラブや部活などで

野球をやっている人も多いかと思います。

 

実は私の甥っ子も小学生の頃から野球を

やっていて甲子園に出た経験があるのです。

小さい頃にキャッチボールを教えたのですが

体は小さいのに肩が強く

ボールを遠くまで投げていました。

 

それが切欠なのか野球を始めるようになり

甲子園まで行ったのです。

その時の写真が今も残されていますが

バットでボールに当てる瞬間の

写真なのです。

 

このタイミングにシャッターを押すことは

ちょっと難しいですが

良い思い出の写真になっています。

 



 

ポイントはタイミング

野球をしている人を撮影するポイントは

タイミングです。

 

★ バットにボールを当てる瞬間

★ ピッチャーであればボールを投げる瞬間

★ ベースに滑り込む瞬間

★ ボールをグローブで撮る瞬間

★ ホームランを打った瞬間の表情

★ 選手同士で抱き合った瞬間

★ ベンチから飛び出す瞬間

 

こんな瞬間の写真を撮影すると

表情がいきいきとしています。

2度と撮影できない写真となるので

貴重な写真ですよね!

 

こんな瞬間の写真を撮影するには

連写機能が付いていた方が確実に

撮影出来ますよね!

 

一眼レフカメラでは高速で連写できるものも

ありますので、そんなカメラを使うと

よりベストショットを撮影できるように

なります。

 

それに望遠レンズで撮影する方が

迫力も違います。

望遠レンズを使うと手ぶれの

可能性もあるので三脚はあった方が

良いですね!

 
スポンサー広告
 

このタイミングを撮影するには数多く

撮影する事です。

数多く撮影した中から良い写真を

選ぶことですね!

 



 

カメラの設定はスポーツモードにするか

シャッタースピード優先にしておく

必要があります。

 

ボールがバットに当たる瞬間などは

スピードが速いので1/1000秒位に

しないと写真がブレてしまいます。

 

はやり、その瞬間を撮影したいですね!

そう考えると一眼レフカメラがあった方が

良いと思います。

 


 

一眼レフカメラだとレンズの交換は勿論の事

色々な機能が付いています。

 

シャッタースピードも自由に変えられるし

フォーカスもオートにしたり

マニュアルにしたりする事が出来ます。

 
スポンサー広告
 

オートフォーカスも動く被写体に合わせて

ピントが自動で調整してくれます。

被写体がこちらに向いて走ってきても

シャッターボタンを半押ししていれば

どの位置に来てもピントが合うのです。

この機能は本当に便利です。

 



 

写真撮影で記念撮影も良いですが

やはり、タイミングが合ったショットが

撮影できれば本当に嬉しいですよね!

 

最後に・・・

動く被写体を撮影するのは

非常に難しいですが

子供さんの生き生きとした姿を

残してあげたいですよね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す