船舶免許を取得するコツ

最近の投稿

船舶免許を取得するにあたって

1級免許を取得している私が

コツをお伝えしたいと思います。

 

免許について

私が免許を取得したのは

今から30年位前になります。

その頃は4級・3級・2級・1級の

4段階の免許でした。

 

しかし、平成15年6月1日に船舶職員法が

改正されて現在は、2級1級の2段階に

なっています。

 

つまり、4級・3級は2級へ、2級・1級を

持っていた人は1級へ変わったのですね!

これはラッキーです(笑)

 

現在は水上バイクの免許は船舶とは別物です

船舶免許を持っていても水上バイクには

乗れません。

 

両方乗る為には2つの免許

(船舶免許と水上バイクの免許)を取得する

必要があります。

 

法律改正の前に船舶免許を取得していた人は

水上バイクの免許も付いていたので

操縦する事が出来ます。

 

法律改正は時代に合わせて変わってきますので

資格や免許はなるべく早く取得した方が

得だと思いますね!

 
スポンサー広告
 

☆小型船舶免許2級と1級との免許の違い

2級と1級免許の違いは陸から離れて

良い距離が5海里を境に分かれています。

 

2級免許は陸から5海里(約9km)まで

しか離れてはいけません。

1級はすべての海域で航行する事が出来ます

 

水上バイクは2海里(約3.7km)までと

なっています。

 

操縦できる船の大きさは2級も1級も同じで

20t未満の船舶に限られています。

違うのが航行する距離だけですね!

 

ただし、日本で取得した小型船舶免許は

日本海域に限られています。

外国へ行ける船舶免許は小型船舶免許でなく

商用船の免許になりますので

全くの別物です。

外国では免許がいらない所もあるようです。

 

☆免許の更新は5年ごと

車も免許にも免許更新がありますが

船舶免許にも免許更新があります。

5年ごとの更新をしなければなりません。

 

車の場合は人によって3年更新と

5年更新があります。

これは優良ドライバーであれば5年で

更新ですが過去に違反があれば

3年の更新となります。

 

船舶も免許は5年更新が基本です。

しかし、もう船に乗らない方と言って

更新しなくても免許自体が

無くなることは無いので

失効再交付の手続きをすれば

また復活します。

 

車も免許は一度更新を忘れてしまうと

すべてが無くなりますので

また新に試験を受けなければなりませんが

船舶は復活する事が出来るので

免許証だけは必ず保管しておいてくださいね

 

車と船舶の違い

車は道路を走るものですが

船舶は海を走るものです。

車にはブレーキが付いていますが

船にはブレーキは付いていません。

前進も後進もプロペラ一つで行います。

プロペラの回転方向とスピードで

船自体を操作していきます。

 

車はブレーキをかけたら完全に止まりますが

船は完全にその場に停止する事が

出来ないのでこの事は頭に中に

入れておいてくださいね!

 

海水は潮の流れがあります。

満ち潮や引き潮などによって

船が流されていきます。

また、風がある時と無い時でも

船の動き方が変わってくるので要注意ですね

 

その時の気象条件で操縦の仕方も

変わってくるので経験も必要になってきます

 

車は日本では左側通行になっていますが

船は全世界共通の右側通行になっています。

海は繋がっていますからね!

各国で違っていたら運行するのに大変です。

(笑)

 
スポンサー広告
 

学科試験の要領

船舶免許を取得する時は学科と

実技試験があります。

学科試験の要領はひたすら

覚えるしかありません。

 

車にも決まりがあります。

信号では青が進め、黄色は注意

赤は止まれと決まりがあります。

 

これと同じうように船にも決まりがあります

海には信号はありませんが

法令に基づいたルールがありますので

これを覚えなくては運航に支障があると

言う事ですね!

 

実技試験の要領

実際に船に乗って試験を受ける前には

ロープの結び方の試験があります。

もやいむすび・巻き結び・クリート結びなど

結び方に色々あるので覚えて

おく必要があります。

 

免許スクールでも教えてくれますので

自分で練習して身に着けて

おいてくださいね!

これは実際に船に乗る時も必要です。

 

あとは実技に入りますが

一番心配なのが風があるか無いかです。

この風によって大きく変化します。

船を桟橋に着ける時、風がない状態では

スムーズに船をつける事が出来ますが

風があるとスムーズには付けられないので

少々の技術を要します。

 

しかし、試験では余程の大きな失敗を

しない限りは合格します。

わたり易く説明すると本当は桟橋にピタッと

船を止めるのが正解ですが

止めた後、風で流されても大丈夫と

言う事ですね!

 

ただし、船をぷつけて運航に支障が

あるようなら合格はしないと思ってください

 

それ以外の事は多少の失敗であっても

問題ないかもしれません。

安全確認と救助者への対応が重要と

されています。

これは免許スクールに行っ場合ですけどね!

車で言う自動車学校の事です。

 
スポンサー広告
 

2級から1級へのステップアップ

小型船舶免許の2級から1級へ

ステップアップは実技なしの学科のみです。

2級と1級の違いは航行できる

距離だけなので

1級は海図の見方と計算問題が出てきます。

 

コンパスや定規などを使って位置を割り出し

この方向に何分進んだ所の緯度を

出しなさいというような問題です。

免許スクールではしっかりと

教えてくれますので

計算だけ出来れば大丈夫です。



計算と言っても電卓を使ったりします。

要するに海図が理解できているか

どうかなのでそう難しくはないと思います。

この私でも合格したくらいです。(笑)

 

私は47歳の時に1級免許を

取得しましたから

若い方ならすぐに覚えられますので

挑戦してみて下さいね!

船舶免許を取得するコツは以上です。

車の免許を取得するよりは

簡単かもしれません。

 

今まであまり聞いた事のない

船用の用語が出てきたりしますが

覚えてしまえば難しくはありません。

海のレジャーも楽しいものです。

免許を取って楽しんでいきましょう!

 

最後に・・・

どの資格でも一緒ですが

年々難しくなってきます。

資格を取るなら早めの方が

良いのではないでしょうか!

 

必要がないと思っている資格であっても

持っていればいざという時に役に立ちます。

この先の事はわかりませんので

もしかしての場合に

資格を取って置く事も一つの方法です。
 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサー広告



コメントを残す