金魚の育て方

お祭りなどで金魚すくいがありますが金魚は本当い可愛いものです。
優雅に泳ぐ姿を見れば見ているだけで癒されてしまいます。

 

私はランチュウと言う金魚を育てていますが本当に可愛いですよ!
お祭りなどで手に入れた金魚は水槽に入れますが袋から出してすぐには
入れないで下さいね!

 

 

☆水の準備

 

金魚を入れる水槽の準備をしなければなりません。
金魚はカルキの入った水は良くないのでカルキ抜きをして金魚に合う水を
作らなければなりません。

 

カルキ抜き剤はペットショップやホームセンターなどで簡単に手に入ります。

 

(画像をクリックするとAmazonのページにリンクしています)

 

☆水槽の準備

 

水槽は少し大きめのサイズが良いと思います
45cmまたは60cmサイズを準備しておけば十分でしょう!

 

水槽はライト・フィルター・ろ過装置など水槽に必要な備品がセットになったものが
ありますので金魚セットの水槽を準備すると良いでしょう!
あとは水槽の底に入れる砂利や水草などあれば完成です。

 

(画像をクリックするとAmazonのページにリンクしています)

 

金魚用の水を入れる前に水槽はよく洗ってから使用します。
洗う時は洗剤などは使わないようにして下さいね!

 

☆金魚を水槽に入れる時の注意事項

 

水槽の準備が出来たらすぐに袋から出して入れるのではなくて
金魚にストレスを与えないように袋のまま水槽に入れて下さい!

 

これは袋の中の水の温度と水槽の中の温度が同じななるようにする為です。
30分以上経過したら袋を開き金魚を水槽の中に入れます。
急な温泉度の変化で体調を崩さないようにして下さいね!

 

これは人間でも同じですよね!
季節の変わり目によく風邪をひくと言いますが体が気温の変化に
対応できていない時に風邪をひいたりします。

 

金魚でも同じです。徐々に慣らしていくことが大切です。

 

☆餌を与える

 

(画像をクリックするとAmazonのページにリンクしています)

 

金魚に与える餌の量は1日に1〜2回適量を与えましょう!
餌を入れすぎると食べ残しが水槽を汚す原因にもなります。
食べ残した餌は網などを使って取り除きましょう!

 

☆金魚の観察

 

水槽に金魚を入れてから特に注意するのが水質です。
水道に水にはカルキが含まれています。
水道の水は地域によって水質が違ってきます

 

私も色々な地域に行ってみましたが元々水が綺麗な山奥で育っているので
都会での水が合いません。
田舎のお茶は飲むのですが他の地域でのお茶はカルキの匂いがして飲む事が
無理なようです。
どうも綺麗な水で育っている為に水一つにしても合う、合わないがあるのです

 

金魚も一緒ですね!
地域のよって水質が変わってくるので1か月くらいは様子を見た方が良いでしょう
それとカルキを抜くのは勿論ですが水質安定剤などもあるので様子を見ながら
必要に応じで使い分けて下さいね!

 

(画像をクリックするとAmazonのページにリンクしています)

 

金魚の「ランチュウ」について

 

ランチュウは金魚の王様と呼ばれています。
特徴は頭の部分がボコボコした感じの金魚ですよね!
ランチュウは優雅に泳ぐのでとても人気です。
ランチュウの品評会もあるくらいで取引をされています。

 

 

ランチュウも大きく育ちます。
私が今までみた大きさで体長15cmくらいのランチュウを見ました。
これ本当に金魚?と言う感じです(笑)

 

最後に…

 

金魚も人馴れしてきます。
餌を与える時などにいつも同じ合図を決めて与えたりすると金魚が近寄ってきます。
そこまでいけば本当に可愛いですよね!

 

それと小さな子供さんがいるお宅では生き物を育てる事を経験させてあげた方が
良いのではないでしょうか!
育てる楽しみ・命の大切さを学べるのではないでしょうか?

TOPへ