雲仙小地獄温泉館

長崎の雲仙の温泉ですが日帰り温泉を紹介したいと思います。
それは雲仙小地獄温泉館です。

 

 

雲仙温泉の特徴

 

雲仙小地獄温泉館の源泉温度は90℃です。
源泉かけ流しで1日440トンの湯量があります。
源泉は90℃なのでパイプなどを使用して温度を調整し40℃付近にしてあります。
温泉は生き物なのでその日によって温度の変化はありますが私が入浴した時は
44.4℃ありました。

 

 

ちょっと熱かったのですが風呂上りはいつまでも体がポカポカで本当の温泉に入ったな!
と言う感じです。
本当は浴室を紹介できれば良かったのですが、他にも入浴されている人もいて
プライバシーの関係で紹介できないのが残念です。

 

小地獄温泉の泉質

 

pH値は3.14で弱酸性です。単純硫黄泉で乳白色の濁り湯です。
単純硫黄泉は空気に触れるまでは透明なのですが、空気に触れると濁り湯になります。
小地獄温泉のHPではpH値が4.3と書いてありますが実際に測定してみると3.14でした。
その日によって違うのかもしれませんが・・

 

効能

 

単純硫黄泉は成人病に効果があると言われています。
神経痛、くじき、慢性婦人病、関節痛、冷え性、糖尿病、関節こわばり、五十肩、
疲労回復、慢性皮膚病、筋肉痛、痔疾、きりきず、運動麻痺、病後回復期、
動脈硬化症、うちみ、慢性消化器病、高血圧症、健康増進などに良いようです。

 

 

駐車場の案内

 

駐車場は温泉会館のすぐ目前にありますが温泉会館の入り口付近にもあります。
十分なスペースがあるので余程混んでいない限りは無料で止められます。

 

 

この写真の左奥に車が見えますがそこが小地獄温泉館です.

 

最後に・・・

 

小地獄温泉のお湯の温度が高めなので徐々に体を慣らしてから入浴して下さいね!
急な温度の変化は体に負担をかけます。
入浴後は休憩室もあるのでゆっくりと楽しんで下さい!

 

TOPへ