長崎ランタンフェスティバル

長崎のランタンフェスティバルは毎年、冬の時期に開催されますが
平成29年1月27日から2月11日まで平成30年2月16日から3月2日のまで
その年によって変わって来るので確認が必要です。

 

一部ですが29年度長崎ランタンフェスティバルの様子をお伝えします。

 

ランタンフェスティバルの灯篭

 

 

 

 

 

こちらの写真は新地中華会場で撮影したものです。
撮影途中に雨が降り出して他の会場の撮影が出来なかったのが残念で仕方ないですが
会場は人で一杯でした。

 

会場案内

 

長崎ランタンフェスティバルの会場は7つほどあります。

 

@ 新地中華街会場

 

A 中央公園会場

 

B 唐人屋敷会場

 

C 興福寺

 

D 鍛冶市会場

 

E 浜んまち会場

 

F 孔子廟会場

 

 

長崎ランタンフェスティバルは2週間ほどの期間で開催されています。
会場も色々あり、イベントも沢山あります。
日によってイベント内容がかわりますのでフェスティバルのイベントスケジュールを
事前に入手し、見たいイベントを計画立て見に行った方が良いと思います。
イベントスケジュールはインターネットで検索すれば出てきます。
行き当たりばったりの予定では見逃して後悔するかもしれません。

 

駐車場

 

長崎ランタンフェスティバルの専用駐車場はありません。
近くの有料駐車場に止めるしかありませんが平日ならともかく祝日や週末だと
駐車場も満杯状態です。
私が止めた駐車場は会場から少し離れた所で市営松山駐車場に止めました。

 

 

利用時間は7:30〜22:00長崎ランタンフェスティバルの開催期間中は
1日止めても610円です。
会場までの移動は長崎の路面電車で移動しました。

 

 

料金は定額制で大人(中学生以上)120円小人60円なので大変便利です。
電車は料金後払いで後ろから乗り込み前から降りる時に料金を支払えば大丈夫です。

 

 

動画で紹介

 

 

最後に・・・

 

今回初めて長崎のランタンフェスティバルに行ってみましたが途中で雨が降り出してきて
撮影が出来なかったことが非常に残念です。
開催期間は約2週間ほどあるので天気予報を確認しながら行けば
行けば良かったのですが仕事の関係でその日でなければ足を運べなかったのです。

 

しかし、長崎中華街会場のみの見学でしたが非常に感動しました。
また、行きたいと思いましたし昼もパレードがあったりイベントがあるので楽しめます。

TOPへ