エアコンを買う時の選び方

エアコンはお店に行くと色々展示してあってどれを選べば良いかわかりませんよね!

 

エアコンは普通のエアコンからお掃除機能付きエアコン、そして最近は空気清浄機が
付いているエアコンも登場しています。
値段も色々ありどれを選べば良いか迷ってしまいます。
これからわかりやすく解説していきます。

部屋の大きさで選ぶ

カタログやお店の展示してあるエアコンには必ず6畳〜8畳タイプと表示があります。
これは木造住宅6畳用鉄筋住宅8畳用と言う意味です。
お部屋の大きさで変わって来るので部屋にあったエアコンを選びましょう!

エアコンの機能で選ぶ

  • 何も機能が付いていない普通のエアコン
  • フィルターを自動的に掃除お掃除ロボット機能付きエアコン
  • 空気清浄機付きのエアコン

何も機能が付いていない普通のエアコンはエアコン本来の機能のみのエアコンです。
最近は加湿機能が付いているエアコンもあります。

 

フィルターを自動的に掃除してくれるお掃除ロボット機能付きエアコンは
フィルターにゴミなどが付いてもセンサーが感知してフィルターを自動的に
掃除してくれます。

 

エアコンは冷房暖房で部屋を冷やしたり温めたりするのですが、
それ以外に空気清浄機が付いていたりするエアコンもあります。

 

色々な機能が付いていればそれだけ値段も高くなります。
お財布と相談しながら決定して下さい!

メンテナンスの事を考えてエアコンを選びましょう!

エアコンも部屋と同じで掃除が必要です。
いつまでも快適な空間を作るにはそれなりのエアコンメンテナンスが必要不可欠です。
新築の家であっても部屋は掃除機をかけたり、拭いたりして掃除をしますよね!
エアコンも同じで掃除はしなくてはなりません。

エアコンのカバーを開けたらフィルターが付いています。
このフィルターにゴミや汚れが付いていると冷えが悪くなるので定期的に掃除を
しなければなりません。

 

このフィルターを自動的に掃除してくれるのがロボット機能付きエアコンです。
これだけ聞くとロボット機能付きエアコンが良いと思いますが
ゴミなどを掃除してエアコン内部にゴミを溜めておくケースが付いています。
そのゴミが溜まりすぎるとケースを取り外し、掃除してやらなければお掃除ロボットは
動きません。つまり自動ですが自動で動かなくなります。
結局、あなた自身がゴミケースを取り外し、掃除をしなければ機能しないと言う事です。

 

ここで注意ですが、ロボット機能付きエアコンはセンサーが色々付いています。
外したゴミケースが元通りにきちんと取り付けしなければエラーになり
エアコンが途中で止まってしまいます。

 

お店は高価なエアコンの方が売り上げも上がるのでお勧めすると思いますが
メンテナンスや後の事を考えると何も付いていない普通のエアコンをお勧めします

その理由はこの後説明します。

業者によるエアコンクリーニング

エアコンを快適に使うには定期的な掃除をしなければなりません。
エアコンフィルターは定期的に取り外し掃除をしなければならないのはお伝えした
通りですが、それ以外に業者の方に依頼してエアコンクリーニングをした方が
良いでしょう

 

 

エアコンクリーニングは写真のようにエアコンを分解し、見えている金属に
(アルミフィン)ゴミや汚れが付いてしまうので洗浄して汚れを落とす作業です。

 

エアコンの使用頻度で変わりますが1年から2年に一度はクリーニングをした方が
良いでしょう!
最近エアコンの冷えが悪くなったなぁ!と思っている人はアルミフィンにゴミや汚れが
付いている場合があり、エアコンクリーニングをすると解決します。
こんなに冷えが違うと実感できます。

 

数年エアコンクリーニングをしていないエアコンを洗浄してみると

こんな汚れが出てきます。これではエアコンも冷えませんよね!

 

このエアコンは普通のエアコンですが、
ロボット機能付きエアコンもエアコンクリーニングが可能です。
ただし、一部分解できないロボット機能付きエアコンもあります。

 

 

この写真はこれ以上分解できないロボット機能付きエアコンです。
分解できないと言う事はエアコンクリーニングが出来ないと言う事ですね!
冷えが悪くなったエアコンは買い替えるしか方法がありません。

 

エアコンクリーニングの費用も業者によって違いますが
普通のエアコンは12000円ほどですが、ロボット機能付きエアコンは18000円
ほどです。
この違いはロボット機能付きエアコンは分解する部品も多く時間もかかるので
クリーニング費用も高くなるのが理由です。

 

シャープのロボットエアコンは業者の方も嫌がります。
今、シャープのロボットエアコンのクリーニングを断る業者もあります。
その理由は分解してクリーニングしてそのあと組み立てますが
動かなくなる可能性が高いと言う理由です。
全国的に不具合でクレームが多いとの事でした
それだけ繊細と言う事です。

 

考えてみたらそうですよね!
エアコンも長持ちしたら買い替える必要がないのでエアコンが売れません。
ある程度で買い替えるようなエアコンを作っているようです。

 

 

勧めのエアコン

購入するなら普通のエアコンがお勧めです。
購入する時の費用も安いし、メンテナンス費用も安くなるからです。
それに余計なものが付いていないので故障する確率は低くなります。

 

色々な機能を付けて付加価値を付け販売されていますが
本来エアコンは部屋を冷やす(温める)装置です。
色々な機能が付いていれば故障する確率も高くなります。
長持ちするエアコンは電気屋さんにとっては不利なんですね!
ある程度でエアコンが売れないと困ります。(笑)

 

今の日本の技術をもってエアコンを作れば壊れないエアコンを作るのは可能ですが
それではメーカーも困るのである程度で買い替えるような製品を作っています。
それだったら少しでも長く使えるようなエアコンを選ぶべきでしょう!

 

 

 

スポンサー広告

TOPへ