写真の撮り方

写真の撮り方で一番大切なのが写真の構成ですね!
写真にも基本があります。
その中で写真の基本線を紹介します。

 

 

写真にもこのような基本線があってこの線に合わせて被写体を持ってくるとバランスの
取れた写真になります。

 

これは風景でも同じですね!

 

 

写真のバランスは何の写真を撮影しても共通しています。
風景写真・人物写真・動物写真・植物乗り物の写真なども同じで
バランスの取れた写真を撮影したいですよね!

 

これは写真を撮影する人だけでなく絵を描く人も参考にされている基本線なのです。
これを意識して撮影するかしないかで随分写真も変わってきます。

 

写真の比較

 

ここでもう一つの写真を紹介しますが

 

この2つの写真を見比べてみて下さい!

 

被写体は同じワンちゃんですが基本線の位置を変えて撮影しています。

 

ワンちゃんは向かって左向きですよね!
この場合、左側は顔の先が狭いです。
何だか息詰まった感じになりませんか?
右側だと落ち着いた感じに見えます。

 

このワンちゃんが向いている方向によって基本線の合わせる位置を変えた方が
良いと言う事ですね!

 

これは人物写真や動物の写真を撮影する時に使います。
人の顔を撮影する時は基本的に正面からは撮影はしません。
証明写真だったら真正面から撮影するのですが
人物写真は少し斜めから撮影する方が立体感が出て良いと思います。

 

写真は自由な発想で

 

今までの話は基本的な事なので写真は好きなように撮影するのが一番良い写真が
撮影できます。
ただ基本的な事を知っていると幅が広がります。

 

写真はその人の感覚です。
例えば写真AとBがあったとします。
この2つの写真はどちらが良い写真ですが?と質問すると
Aの写真が良いと言う人とBの写真の方が良いよ!などと意見が分かれたりします。
これは感覚の違いですね!

 

それと写真歴が長いからと言って良い写真ばかりを撮影出来るとは限りません
初めての方でも良い写真を撮影する事もあります。
その人の感覚の違いからくるものです。

 

写真撮影が上手くなるために

 

写真撮影が上手くなるためには人が撮影したものを数多く見た方が参考になります。
その写真を参考に自分で真似をして撮影すると上手くなっていきます。
撮影の仕方がわかるようになると楽しくなってくるのがカメラなんですね!

 

最後に・・・

 

写真撮影は本当に楽しいものです。
そして本当に奥深いものです。
私も写真歴が40年位になりますがそれでも新たな発見をしています。
だから楽しいのかもしれませんね!

 

写真はその時・その瞬間を記録するものです
あとで見返すとその時の瞬間が蘇ります。
自分が生きて来た証を残していきましょう!

TOPへ