料理を綺麗に撮影する方法

旅行に行ったりとか、食事会をしたりすると美味しい料理が出てきますよね!
その料理を撮影する人も多いかと思います。
どうせなら美味しそうに綺麗に撮影したいですよね!

 

やはり、一番大事なのは光です。
なるべく太陽の自然光で撮影しましょう!
と言っても食事する時は部屋の中が多いですよね!
だから、窓きわに席を取り自然な光が差し込むところが綺麗な写真になります。

 

 

蛍光灯だけだと料理が青く写ったり艶がなかったりします。
その場合は露出補正をするかISOを上げて撮影してみて下さい!
暗いからと言ってストロボは使わない方が良いですね!
ストロボを使うと変な影が出来たり料理が光り過ぎて美味しそうな感じにはなりません
あくまでも自然光で撮影する方が良いと思います。

 

自然光の方向ですが撮影するあなたの後ろから取り込むより横方向から
取り込んだ方が自然な感じになります。
また、逆光で撮影してみるのも面白いかもしれません。
その時注意するのは逆光だと料理が暗くなるので露出補正をしてあげると
綺麗に写ります。

 

基本的に料理は斜め45度角度から撮影します。
これは立体感を出す為です。

 

 

それに撮影したいのは料理です。
皿や器を撮影したい訳ではありませんので料理をアップで撮影するのがポイントです。
望遠レンズや接写レンズを使用するのも一つの方法です。
望遠レンズは写したい料理にピントを合わせその他の料理はボケて写るので
写真がすっきりした感じになります。

 

つまり、余計なものは入れないと言う事ですね!

 

料理写真の構成

 

料理を撮影をする時の構成ですが料理の写真をよ〜く観察して見て下さい!
写したい料理を写真の中心にして撮影している写真が少なくちょっと横にずれている
写真が多いと思いませんか?

 

料理が乗せてあるお皿をちょっと横にずらし、例えば空いている所に料理に合う
ワインなどを一緒に写すのも一つの方法です。
小道具を使ってイメージをアップする方法ですね!
これをするだけで随分写真が良くなります。
この時撮影するのは料理と小道具だけです。
それ以外は写り込まないように気を付けましょう!

 

 

料理が出てきたらすぐに撮影しましょう!
これはアツアツの状態を表現するためのもので湯気などが出ていたら
いかにも美味しそうな感じを表現出来ると思います。

 

 

また、野菜などを撮影する時はわざと水滴を付ける人もいます。
これはみずみずしさを出す為です。

 

撮影方法には色々なやり方があるので出来るところからやってみては如何でしょうか?

 

最後に・・・

 

料理を撮影する目的は食べて美味しかったものを写真にして伝えたいのが目的です。
美味しいものをどう表現するのか!美味しそうに見えるように撮影しなければ
意味がありませんよね!
ちょっと難しくもありますが料理を撮影するコツをつかめたら随分違った写真に
なると思います。

TOPへ